ブルーライトカットレンズを
オシャレに楽しむ

ここ数年でテレビや記事などで取り上げられ、急激に認知され始めたブルーライト。

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光で、元々自然界にも存在するものです。可視光線(目に見える光)の中でもっとも波長が短く、強いエネルギーを持っています。名前の通り青いものを青く見せることができ、空の色が青いのもブルーライトがあるからなのです。そのため日常に自然と存在している光の種類であり決して不必要なものではありません。しかし、近年科学の発達によりテレビ画面や照明、スマートフォンなど、本来見るはずのない光を至近距離で見る事によって、ブルーライトは角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達し、日常的に浴びる光の中でも身体への影響が懸念されるようになってきたため、様々な研究が行われています。

米ハーバード大学等の研究者達が2015年に報告した論文によると、就寝前数時間の読書において、タブレットで電子書籍を読んだ場合と、紙の本を読んだ場合の、体内時計に及ぼす影響を比較しています。この研究では、「電子書籍を読んだグループの方が、寝入るまでに要する時間が長く、夜の眠気が少なく、メラトニンの分泌量が少なく、体内時計に遅れが生じ、翌朝の目覚めが悪い」という結果が得られています。
参照:Chang A, et al. PNAS. January 27, 2015 112 (4) 1232-1237; published ahead of print December 22, 2014.

この他にも人工的なブルーライトが睡眠や体内時計に影響を及ぼす可能性が報告されているため、電子機器からのブルーライトを軽減することは健康を考える上で大切になってくると考えられています。

最近では眼鏡店以外にも雑貨屋やアパレルショップなどにも様々なブルーライトカットの眼鏡が並んでいます。「ブルーライトカットの機能は欲しいけど、地味なものではなくファッションなどおしゃれとしても使いたい」という方も多いはずです。せっかく買うのであれば機能もデザインも兼ね備えていた方が一石二鳥ですよね。sunsでは店舗、オンラインショップで取り扱いをしている全ての眼鏡フレームでブルーライトカットのレンズを入れる事が出来ます。

今回はファッションシーンでも活躍するオススメの眼鏡フレームをご紹介します。
洋服はユニクロなどシンプルなものでも、メガネだけは自分にあった良質なブランドを付けるだけで、ファッションはガラッと一変します。
おしゃれなメガネで普段の生活、仕事をより一層楽しみましょう。



CUTLER AND GROSS 1268
上質なチタン製のフレームは非常に軽量で上品な造り仕上がっています。またハイポジションのツーブリッジは他ではあまり見ることのないデザインになっています。

※写真をクリックで商品ページへ





CUTLER AND GROSS 1304
厚さ9mmのアセテート生地を使っており、内側がテレビジョンカットと言うブラウン管テレビのように削られている作りなので、重厚感のある見た目に対して重さを感じさせない設計になっています。

※写真をクリックで商品ページへ





CUTLER AND GROSS 0822/2
映画「キングスマン」で一躍有名になったモデル。直線的なシルエットのティアドロップシェイプは少しクセのあるデザインですがファッションのアクセントにピッタリです。

※写真をクリックで商品ページへ





BARTON PERREIRA doyen
トレンドでもあるツーブリッジにヘキサゴン(六角形)レンズが特徴的なモデル。オールチタンのフレームが高級感溢れる一本です。ストリートからモードまで幅広いファッションでお使いいただけます

※写真をクリックで商品ページへ





BARTON PERREIRA copeland
一見シンプルなウエリントンフレームに見えますが、レンズ周りにフレームカラーとは別な色のアセテートパーツを使用しています。バートンペレイラのこだわりが詰まった一本です。

※写真をクリックで商品ページへ





Persol PO3185V
イタリアを代表するブランド「ペルソール」。シンプルなラウンドフレームですが、イタリアを代表ブランドでもある「ペルソール」らしく上品でオシャレにまとまったデザインです。

※写真をクリックで商品ページへ



掲載ブランド
CUTLER AND GROSS
BARTON PERREIRA
Persol


<PICK UP>

BRANDS

SEARCH